体外受精(授精)に踏み込む前に試したい最新技術搭載のクリアブルー排卵検査器

体外受精費用は医療機関でバラつきあり

我が子を授かりたいという想いから、長い時間と多額の費用を弄して不妊治療を受けているという不妊に悩むご夫婦は決して少なくありません。晩婚化が進み、以前よりも確実に年齢的なものも要因となって不妊治療を受けるご夫婦は増えています。

不妊治療には色々なものがありますが、保険適用内の治療だけで妊娠に至るご夫婦もいれば、保険適用内の治療では妊娠に至ることができず、保険適用外となる人工授精や体外受精を受けるという方もいらっしゃいます。

人工授精は子宮内に精子を注入し、受精を促す治療法ですから、人工という冠はつくものの、自然に近い状態で妊娠に至ることができるものです。痛みもほとんどなく、体への負担も少ないため、何度も行うことが可能な治療方法です。

人工授精を何度か行ってみても残念ながら妊娠に至ることができないという場合、人工授精を諦めて体外受精を行う方向へ進んでいくようになります。体外受精の場合、その名の通り、卵子を取り出して精子と受精させ、受精卵を体内に戻すという方法になりますから、妊娠に至る確率というのは医療機関ごとで若干のバラつきはあるものの、人工授精よりも妊娠する確率は必然と高くなります。

しかし、体外受精は人工授精よりも1回の費用が高く、保険適用外の自由診療になる上、人工授精よりもさらに高度な医療となりますので、医療機関によって費用にバラつきが出てきます。医療機関の立地や高度な医療技術、スタッフの人数や管理体制によって費用には大きな差が出てくる場合もありますが、平均1回あたり数十万というのが体外受精の相場と言えそうです。

体外受精を行えば妊娠に至る確率がそれまで以上に高くなりますから、できることならば体外受精を行いたいと、そう思うご夫婦も多いものです。しかし、このかかる費用がネックとなり、諦めざるを得ないというご夫婦もまた多いのが現状です。

費用面で諦めざるを得ないというのは、そこまで頑張って不妊治療を行ってきたご夫婦にとっては辛いだけのものではないかと思います。しかし、無理をして多額の費用を負担し続けるというのも辛いものですから、体外受精の手前まで来るとどっちにしてもキツイ選択を迫られると言っても過言ではないかもしれません。

ただ、体外受精を費用的な面で諦めざるを得ない場合、一度各自治体の助成金制度を確認してみるのもいいかと思います。不妊治療のみならず人工授精や体外受精に対しての助成金制度がある自治体もありますから、それを確認してみてからでも遅くはないと思います。

助成金制度に関しては自治体ごとに違いがあるものですし、ホームページや窓口で詳しく知ることができますから、一度ホームページや窓口で詳しく確認してみるようにし、利用できるものは利用するようにしましょう。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る